無料カウンター

川崎市少林寺拳法協会について

川崎市少林寺拳法協会は、一般財団法人少林寺拳法連盟、神奈川県少林寺拳法連盟のもと、川崎市内において少林寺拳法を修練する拳士の皆さんの交流と技術ならびに人格的向上を目指し様々な活動をしています。

少林寺拳法は、身体と心がバランスよく鍛えられていくことで、青少年の健全育成の一役を担っています。

「競い合うのではなく、互いに学び合い、ともに向上しよう」という姿勢は社会が求めており、“生涯学習”、“生涯スポーツ”にふさわしいものです。初心者でも気軽に参加することができますので、ぜひ「心を育てる」少林寺拳法を体験してみてください。

また、当協会では毎年11月に川崎市内の各加盟団体全員参加の市民大会を実施しておりますが、これからも他のスポーツ関係団体との親睦を図りながら健全なる青少年の育成を目指して頑張っていきたいと思います。

 
 
     長 :笠 ひろふみ(衆議院議員
副 会 長 :青山 圭一   (神奈川県議会議員)
理 事 長 :畑中 武弘 (富士通ゼネラル少林寺拳法部)

副理事長:江崎  健   (川崎南生田道院拳友会)

副理事長:田中 克成   (川崎麻生道院拳友会)

事務局長:綾邊 和彦   (川崎稲田道院拳友会)

渉外担当:荒井 信章 (川崎東道院拳友会)


(2017年04月01日現在)